FC2ブログ

二重切開+目頭切開手術 4日目【閲覧注意】

二重切開+目頭切開手術 4日目【閲覧注意】

まだまだ内出血すごいです。
水ぶくれも気持ち悪いです。

0311術後4日目右目開眼
0311術後4日目左目開眼
0311術後4日目右目閉眼
0311術後4日目左目閉眼

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ まぶた・目頭・目尻へ
にほんブログ村

テーマ : 二重切開+目頭切開 失敗 目の上のタルミを取りたかっただけなのに!
ジャンル : 日記

そもそもどうして二重切開手術なのか。

相変わらずの状態なので、今日は文章のみで。

どうして二重切開になったのか?
それは、二重幅に弛んだ皮膚がのっかってきたから。
二重ラインはすごく気に入ってたのですが、どうしても勧められる眉下切開って、ピカッと傷跡が光りそうで抵抗がありました。
それなら、二重ラインで余った皮膚を切っちゃえばいいのではって思ったんです。

頼りにしていた先生には、二重ラインで弛みを切り取ることは拒絶されたので、大阪で3つのクリニックを回りました。

1つ目は大阪に2院を構えるクリニック、医師の人数も数名いらっしゃいます。
ブロブや症例はあまり載っていませんでしたが、眼瞼下垂の切開もされているようだったので、行ってみました。
朝一のカウンセリング予約で、ぴったりに入ったのですが、カウンセリングルームや医師の診察室が近いところの待合ソファーに座っていましたら、中から女性の怒号が聞こえてきました。
どうも、顔のどこかの手術が気に入らない(もしくは失敗)だったようで、懸命に訴えています。

そのうち、私が呼ばれました。
医師と話す前に看護師との面談。
その頃、医師と話している女性は泣きわめいています。
この時点でとても怖かったのですが、私をカウンセリングしていた看護師さんの言い分がひどかった。
『頭がおかしい人がたまにいるんです。風俗で働いていたら精神を病む人が多いみたいですよ。たまにそういう人くるんで、困ってます。』ですって。
この発言、絶対あり得なくないですか?
自分とこの医師が失敗して、大真面目に訴えてる患者に対して、この言い分、耳を疑いました。

もしか私の目がおかしなことになっても、不服を言う客はすべてクレーマー扱いでクリニックの非は認めない姿勢、こんなところで絶対手術できません。
しばらくたって医師が入室され、カウンセリングを受けましたが、もう正直どうでもいい感じで、早く帰りたかったです。

2つ目は、名古屋を本拠地とする大御所Tの、M弥医師指定。
M弥医師は二重切開では神とか言われているらしいので、カウンセリング行く前から半分くらい決めていました。
ですが、カウンセリングもキャンセル待ち状態でしたが、春休みシーズンの2月3月は大阪院・名古屋院ともに手術で空いてる時間がありませんでした。

私は現在就活中で、4月から働ければと思っていたので、2月から3月上旬までに済ませておきたかったんです。
ということで、3つ目のカウンセリングに行くことになりました。
ここは、2度カウンセリングに行き、手術をお願いすることになるのですが、長くなっているのでその決め手はまた明日でも書きますね。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ まぶた・目頭・目尻へ
にほんブログ村

二重切開+目頭切開手術 2日目【閲覧注意】

二重切開+目頭切開手術 2日目【閲覧注意】

まだまだひどいです。
腫れはちょっと引いていますけど、内出血が最悪です。

手術の後、看護師さんから『右目の目頭付近、火傷で水ぶくれができていますけど、大丈夫ですから』と、術後に塗る為に貰っていたゲンタシン軟膏から、リンデロン軟膏に変えられました。
他のところが少し腫れが引いたら、その水ぶくれが目立ちます。
水ぶくれが膨らんできたのかな?

火傷・・・・想像ですが、内側の処理の時、出血を止める為に焼いてたのかな?
そのあたりの説明はありません。
医師とは、術後、会えませんでしたし、看護師さんからのこの『大丈夫』という説明のみでした。
ちょっと不安でした。

こういう時、意識がなくなる静脈麻酔は困りますね。
そもそも、最初から最後まで寝たままで、タルミ皮膚の具合とか最後の調整とか、大丈夫だったのかな?

2日目の画像です。
サイズ感バラバラですみません。
でも、だいたいわかりますよね?すごい状態だってことは。

0309術後2日目右目開眼
0309術後2日目左目開眼
0309術後2日目右目閉眼
0309術後2日目左目閉眼

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ まぶた・目頭・目尻へ
にほんブログ村

テーマ : 二重切開+目頭切開 失敗 目の上のタルミを取りたかっただけなのに!
ジャンル : 日記

二重切開+目頭切開手術 1日目【閲覧注意】

二重切開+目頭切開手術 1日目【閲覧注意】

画像注意です。
腫れています。
内出血がすごいです。
色んな方の画像を拝見していましたが、こんなひどいのは私くらいではないでしょうか?

私が手術をお願いしたクリニックは、部分麻酔ではなくて、最初は吸引する笑気麻酔、その後意識が遠のく麻酔を点滴します。
途中目覚めましたが、その時にさらに点滴注入され、また意識を失いました。

なので、手術中の痛みは全くなく、その点は患者にはいいのでしょうが、手術の状況がわからないのはなんだか不信感もありました。
というのは、目覚めた時、他のちょっと困ったちゃんのような患者さんの話をしていたのです。
医師や看護師にとって、患者の意識がないということは、リラックスして手術に臨めるのでしょうけど、私の目に集中してくれているのかなぁと不安になったことを覚えています。

手術後はふらふらしているので、ちょっと休憩させてもらって帰りましたが、夜なので真っ黒なサングラスは不気味かなぁと、薄い茶系のレンズ入りのメガネをかけましたが、この顔は、人に見せてはいけないレベルですよね。

電車に揺られて1時間、途中、何度か傷口から血が流れてきて、もしその現場を見ている人がいたとしたら、すごく気持ち悪かったと思います。


手術翌日の昼頃の画像です。
朝目覚めた時は、目の周りに血が流れてバリバリになっていました。

画像サイズがまちまちで本当に申し訳ないです。
0308術後1日目右目開眼0308術後1日目左目開眼
0308術後1日目右目閉眼0308術後1日目左目閉眼


にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ まぶた・目頭・目尻へ
にほんブログ村

二重切開+目頭切開手術 当日【閲覧注意】

本日、二重切開+目頭切開手術しました!

今年の初め頃から気になっていた二重幅に被さる弛み。
いつもお世話になっている先生以外の、他クリニックのカウンセリングを3つ受けました。
それぞれの経緯は、後日掲載しますが、実は本日、二重切開+目頭切開手術をしてきました。

下に画像を添付しましたが、人間と思えない顔になっているので、グロな写真が苦手な方はスルーしてください。
おそらく、二重切開ブログに掲載されているどの人よりもひどいです。
びっくりです。








0307手術当日両目

目の上のタルミ解消

この頃ずっと気になっていた、二重ラインに被さる弛んだ皮膚。
20歳の頃から埋没二重にしていて、何度かやり直しています。
10年くらいのスパンでしたが、40代の初め、コマーシャルしているお手頃感が売りの大手美容外科の安い糸で留めたところ、すぐに緩んでしまいました。
同じところでもうちょっと高めの糸の手術を予約していましたが、セカンドオピニオンで他にカウンセリングに行き、結局、他のクリニックで20万円程かけて(予約していたクリニックへのキャンセル料も含め)1dayクイック+脂肪取りをしました。

その時手術してくださったのは、国立大形成外科出身の男性院長でしたが、大失敗!
末広型を希望していたのに、目頭が広く、目尻はタルミで塞がってしまうような目になりました。
何度か掛け合いましたが、へらへら笑いながら誤魔化され、その都度帰される始末。
腹が立って、持っていったお菓子を、持ち帰ってきたこともありました。

その後は同クリニックの女医の先生にやり直してもらい、とてもきれいな仕上がりになったので明るい毎日を過ごせていました。
その女性の先生はとても丁寧で結果もきっちり出してくれます。
アンチエイジングの引き上げの糸なども、確実に上げてくださいます。

折角気に入っていた二重ラインも、タルミが被さり、左目が特に小さくなって見え、相談しました。
糸は緩んでいないようでしたが、何分、年齢によるタルミが・・・
それなら、二重ラインでタルミを取って欲しいとお願いしましたが、『二重ラインではタルミはとりません!』と一蹴、
どうしても気になるなら、眉下切開で取りましょうと提案されました。
カウンセラーの方が見積もり出してくださる中、『二重ラインでタルミを解消されたいなら、他のクリニックにご相談されてみては?』と言われて、そこから3つ、クリニックを回りました。

その経緯は、また後日。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ まぶた・目頭・目尻へ
にほんブログ村

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク